特長

介護士の常識! 介護施設の種類とその内容とは?

介護士の常識! 介護施設の種類とその内容とは?

高齢化社会の現代、数え切れない程の介護施設が存在します。
介護施設にも種類があるのをご存知でしょうか?

今回は介護施設の種類による違い、それぞれの施設が介護士に求めるスキルなどについてご紹介します。

介護施設の形態はさまざま

一口に介護施設と言ってもいろいろな種類があります。

・主に民間の事業者が運営する有料老人ホームやサービス付きの高齢者向け住宅
・社会福祉法人などが運営する地域密着型の施設や経費老人ホーム
・医療法人などが運営する介護保険施設

など、その形態や運営主体はさまざま。
施設によって入居できる対象者やサービスが異なるので、介護士に求められるスキルも変わります。

では、代表的な介護施設の内容を見ていきましょう。



有料老人ホーム

【介護付き有料老人ホーム】
対象:重度~自立までのさまざまな高齢者
運営:民間事業者
介護内容:食事・入浴・排泄までの介護、レク、機能訓練指導員によるリハビリ、カウンセリングや医学管理下でのケア
介護内容と設備が充実し、身体機能回復や医学管理上のケアも行うので、ある程度高度な介護士スキルを要します。

【健康型有料老人ホーム】 対象:要支援状態の高齢者
運営:民間事業者
介護内容:高齢者が家事を施設スタッフに依頼しながらシニアライフを楽しむ施設です。

生活支援メインなので介護士であれば問題なく務まります。
初めて介護現場で働く人でもチャレンジ可能です。



サービス付き高齢者向け住宅

対象:軽度の要介護者または自立可能な高齢者
運営:民間事業者
介護内容:バリアフリー対応の賃貸住宅で安否確認や生活相談などのサービスを受けられます。

「特定施設入居者生活介護の指定」である施設は有料老人ホームと同じ介護を行うので、介護士として一定のスキルが必要です。
そうでない施設であれば最低限の知識を活かしながら現場でスキルを身につけられます。

グループホーム

対象:軽度の認知症の高齢者
運営:社会福祉法人や地方自治体、NPO
介護内容:地域密着型の介護施設で共同生活を送りながら、食事・掃除・洗濯のサポート、機能訓練・緊急時の対応などの介護を受けられます

家庭に近い環境で認知症の症状を和らげるのが狙いなので、介護士としての一定のスキルに加え、認知症に対する知識も必要とされます。

軽費老人ホーム(特別養護老人ホーム)

対象:寝たきり状態の重度の要介護者
運営:社会福祉法人や地方自治体
介護内容:公的施設に少額で長期入居し、入浴・食事・排泄の介護、生活相談員によるリハビリや相談、掃除などの生活援助サービスを受けられます。

多くの高齢者が残りの余生を過ごすため、介護士としては寝たきりの方をお世話する知識や心構えが必要です。

施設によって介護士に求められるものが違う

介護士の常識! 介護施設の種類とその内容とは?

介護を受ける人の状況は多様です。
自立生活できても一人暮らしであったり、簡単な生活支援をすれば問題なく過ごせたり、すべてにおいて介護が必要であったり。

だからこそ、介護施設にはさまざまなものが存在するのです。
どんな形で高齢者のお世話をし役に立ちたいか、それによって得ておく知識やスキルに差が出ることを理解しておきましょう。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top