特長

急速な普及拡大が見込まれる「介護ロボ」

急速な普及拡大が見込まれる「介護ロボ」

高齢化社会が進む中、急ピッチで開発が進んでいるのが「介護ロボ」です。

近年、介護ロボ産業は飛躍的な成長を遂げています。
その実情とはどんなものでしょうか?
今回は、各企業が力を入れている介護ロボについてご紹介します。

介護に必要なのは「力」

介護の現場で一番の問題となるのは、介護する人の体力です。
自分では動けなくなったご老人の介助には「力」が必要であり、車椅子、ベッド、お手洗いへの移動、入浴などすべて人間の力で介助するのが現状です。

しかし、現在の介護現場では働き手不足が深刻であり、肝心の力が足りない状況です。
そこで介護現場に求められているのが、人間に変わって「力」を貸してくれる介護ロボなのです。

介護ロボにはさまざまな役割がありますが、すべてに共通するメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

・介護をする際に安全に移乗・移動できる。
・介助者の体への負担を軽減できる。
・介護現場の慢性的な人員不足を補うことができる。

現在の介護現場で山積みとなった問題を少しでも解消できるのが介護ロボの実力です。



さまざまな介護ロボ

さまざまな介護ロボ

それではどんな介護ロボがあるのかを見ていきましょう。

・移乗介助機器(装着型)
介助者の体に装着型の介護ロボを付けてパワーアシストしてご老人を楽に抱きかかえることができる介護ロボです。
この介護ロボを装着することで、介助者の足腰の負担が減り、従来よりも少ない力で介助ができます。

・移乗介助機器(非装着型)
ご老人をロボットの力で抱え上げて車椅子やベッドにに移動する非装着型の介護ロボです。
状況によってはこの介助に2名の力が必要ですが、この介護ロボがあれば介助者1人が操作を行えば介助できます。
また、この介護ロボの土台設置には住宅等への据付け工事を必要としないのも使い勝手の良い点です。

・移動支援機器(屋内型)
ご老人がベットや車椅子から立ち座りするのをサポートし、トイレなどへの歩行移動を支援する介護ロボです。
難しい操作は不要なので使用方法を理解すればご老人が一人で使用でき、介助者は不要です。
この介護ロボはご老人が自分の足で歩行することを支援するものなので、乗り物のように搭乗するものではありません。

・入浴支援機器
ロボット技術を用いて体の不自由なご老人が浴槽に出入りするのを支援します。
要介護者は浴槽をまたいで湯船に入ることが難しいのですが、この一連の動作を支援できるため、介護の現場で一番重労な入浴への負担を減らせます。

この介護ロボを一般家庭に設置した場合でも、取り外しや片付けが簡単にできる点、特別な工事が不要な点が利点と言えます。



介護ロボの普及率は?

介護ロボの普及率は正確に算出できないのが現状です。
なぜなら、介護ロボを導入している施設は開発企業や大学、自治体からの貸出を受けていることが多く、実際に購入していないために正確な普及率が出せないのです。

しかし、介護ロボは近年めまぐるしい進化を遂げ、この分野に参入する企業数も右肩上がりです。
経済産業省も「ロボット介護機器開発・導入促進事業」を立ち上げており、今後も急速に発展する産業分野であることは間違いありません。

日本国内では介護ロボに関する情報、知識などがまだ一定ではないために普及がなかなか進みませんが、この点がしっかり認識され市場の意識改革が進めば、急速に普及率がアップすると予想されます。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top