特長

差がある? どっちがいい? 看護師と介護士の違いとは

差がある? どっちがいい? 看護師と介護士の違いとは

介護施設で働く看護師と介護士、どちらも現在の高齢化社会にはとても大切な職業です。
しかし、近年は介護士から看護師に転職をする人が増えています。

看護師と介護士にはどんな差があるのでしょうか?

看護師と介護士の現状

福祉施設では看護師と介護士が両方存在し、お年寄りのお世話をしています。
しかし、この2つの職業は根本的に異なり、これが大きな壁となっています。

それでは看護師と介護士それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

看護師

看護師は傷病者等の療養上の世話または診療の補助を行うことが業務です。

また、看護師、医師、歯科医師以外は看護師の業務はできないとされています。
看護師は厚生労働大臣の免許を受け、介護現場で医療行為が許されています。

【看護師のメリット】

・高収入
比較的高収入です。

・知識と技術がつく
医師の助手、注射や点滴、入院患者のチェックなど、看護師としての知識と技術が必要な業務に従事します。

・将来の安定性がある
看護師は医療行為を行うため専門性が高く、これに応じ給料が設定されています。

【看護師のデメリット】

・介護現場では看護業務が少ない
介護施設では介護業務のウェイトが大きく、看護師としての経験を積みにくいという点があります。

・プレッシャー
医師が常駐しない介護施設では急患が出た際にその判断を看護師に委ねられる場合があります

・仕事の境界線
介護現場では看護師と介護士の仕事の境界線がわかりにくい面があります。
これにより人間関係が悪化することも多々あります。


介護士

介護士は専門的知識及び技術を持って身体上または精神上の障害があり日常生活に支障がある人の介護をするのが業務です。

また、障害者の介護者(家族等)に対し介護に関する指導を行う業務もあります。
介護士になるには「介護福祉士資格」を取り、介護福祉士登録簿に登録を受ける必要があります。

【介護士のメリット】

・需要がある
高齢化が進む日本ではこの先も需要が見込め求人も増えると予想されます。

・ステップアップしやすい
介護現場で得た経験でステップアップしケアマネージャーとして活躍する人が増えています。

・年齢の壁が少ない
介護士はやる気さえあればチャレンジできる業務です。
50代60代から再スタートする人がたくさんいます。

【介護士のデメリット】

・給与が低め
看護師と比べると基本給は低めです。

・医療行為ができない
医療行為が認められないので、急患の場合などは看護師に対応を依頼することになり、これが介護士に劣等感を感じさせる現状があります。

・体力が必要
オムツ交換、入浴介助、車椅子への移動などは体力が必要になります。


介護現場を目指した志を思い出す

看護師と介護士、どちらがいいかは一概に言えないものです。 なぜなら、働き方のスタイルや仕事で感じる生きがいは人それぞれであり、給与や待遇だけが判断材料ではないからです。 日本の社会を支える介護の仕事に従事するということは、とても素晴らしく胸を張れることです。 「介護士と看護師のどちらがいいか?」ではなく「どうして介護の仕事を目指したのか?」を思い出せば、あなたにとって理想の形が見えてくるのではないでしょうか?





看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top