特長

難しさとやりがいがあるショートステイで経験を活かす

難しさとやりがいがあるショートステイで経験を活かす

介護の仕事に就いていると色々な面でやりがいを感じることと思います。
そんな介護の仕事の中でも難しいと言われる「ショートステイ」はとてもやりがいのある業務です。

このショートステイを通してこれまでの経験を活かし、同時に介護職の経験値を高めることができます
ショートステイの仕事とは一体どんなものなのでしょうか?

そもそも「ショートステイ」とは?

ショートステイとは、自宅で介護を受けている人を短期間だけ施設で預かるサービスです。
介護をする家族の急な用事、心身の休息、レジャーの為に利用されています。

介護をする家族は常に介護をする人を自宅で見守っており、なかなか思うように外出できなかったりします。
介護家族が心身共にダウンすればその後の介護に問題が生じます。

そこでショートステイを上手に利用し、介護家族に自分の時間を作ってもらうのがこのシステムの目的です。

ショートステイの難しさ

ショートステイの難しさ

ショートステイには様々な難しい問題もあります。

■満足してもらえるサービスを提供しなくてはならない
利用者が自宅にいるかのようにリラックスできることが何よりも大切です。
細やかな気配り、利用者との人間関係確立、不満や不安をぬぐい去ること、などがとても重要となります。

■事前の面談による具体的な話し合い
ショートステイの前に、介護家族とケアマネージャーの間で面談が行われます。
利用者の体の状態、食の好み、お風呂やお手洗いには介助が必要か?
細かい1つ1つをチェックし、短期間入居の際に少しでも気持ちよく過ごしてもらえるようにします。

しかし実際はあまり面談に時間を取れず、入所後に「面談と話が違う」とトラブルになる可能性もあります。
これを避ける為に介護施設側は様々な対策をしなければならず、ここがとても難しい所と言えます。

■また利用したいと思ってもらえるサービスを提供する
利用者が「とても楽しかった」と言ってくれれば、介護施設の評判も上がり介護職員のやりがいに直結します。
しかし、全ての利用者からそのような言葉を聞けないのが現実です。

ここで介護職側の経験や知識を活かし、ご老人を心の底から満足させられるかどうかが難しいポイントです。


ショートステイにおける「やりがい」

ショートステイにおける「やりがい」

ショートステイには難しい問題が様々ありますが、この問題を乗り越えてこそやりがいが感じられるのです。
その為にはどんな心持ちでいればいいでしょうか?

■限界まで可能な力を引き出す
介護職には「限界に挑戦する気持ちを持つ」というスキルが求められます。
これはあくまでも「可能と思われるギリギリの所まで自分の力を発揮する」という意味です。
限界を超えて無理をして介護の仕事をしたのでは事故につながりかねません。

利用者からの要望に対し「できません」と言わず、ここまでならできるという所までサービスを提供することがやりがいにつながります。

■プロ意識と向上心を持つ
ショートステイはとてもレベルが高い仕事です。
自分の家族を自宅で介護しながら一緒に過ごすのと同じだと考えればその難しさが分かると思います。

ここで大事なのが「介護のプロである」という意識と「ショートステイで対応力を磨きたい」という向上心を持つことです。
この様な気持ちを持てば自然と入居者の気持ちにより添え、その時々に必要なケアがすぐに見いだせます。

いかがでしたか?
ショートステイを通して経験を活かし、さらに介護職のスキルを磨いてみましょう。





看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top