特長

介護職員のストレスマネジメントには心身のケアが大切

介護職員のストレスマネジメントには心身のケアが大切

近年の高齢化により、介護の現場にはさまざまな問題が生じています。
人手不足、過重労働、人間関係・・・。
介護をする側の人も1人の人間ですので、仕事とは分かっていても大きなストレスを感じ疲弊してしまいます。

しかし、今の高齢化社会において大切な介護職の人々がストレスでダウンすることは大きな社会問題です。
今回は、介護職の方の心と体を守るためのストレスマネジメントについてご紹介します。

介護現場の問題

介護という仕事は人間相手であり、そこに生じる問題は予想以上にいろいろなことがあります。
介護職に従事する8割以上の人が仕事に対し、強いストレスを感じているという現実にその問題が現れています。
介護の現場にはどんな問題が生じているのでしょうか?

・慢性的な人手不足による過重労働
・仕事に見合わない低賃金
・高齢者との人間関係やクレーム
・肉体労働による身体疲労
・ケアマネージャーやスタッフとの連携不足

高齢者を相手にする介護の仕事の1つ1つに何かしらのストレスがあるのが介護現場の現状です。
このような現場でストレスを感じずに仕事を続けられる人はなかなかいません。

介護職員のメンタルダウンを防ぐため、管理者が職員のストレスを把握して対策する必要があるのです。

介護職員へのストレスマネジメント

介護職員を評価するキャリア段位制とは?

介護という大切な職種を守っていくためには、介護現場の管理者が介護職員と信頼関係を築き、その上で問題を取り除く対策を施すことが大切です。
この対策を「ストレスマネジメント」と言います。

このストレスマネジメントに用いられるのが「4つのメンタルヘルスケア」です。
職場の管理者が介護職員の状態をよく把握し、体と心に対する健康対策を行うことが義務となっています。

4つのメンタルヘルスケア

・セルフケア
介護職員が自分自身をセルフケアできるように、管理者がセルフチェックシートを作るなどして支援する

・ラインによるケア
管理者が介護の現場の環境や人間関係をチェックし、職員1人1人の心身状態をよく観察して個別対応する

・事業場内産業保健スタッフ等によるケア
産業医や衛生管理者等が介護現場において介護職員のメンタルチェックを行い、メンタルヘルスケアをサポートする

・事業場外資源によるケア
管理者が保健センターやクリニックまたは心理相談室などを活用し、これらとネットワークを形成して介護職員のメンタルヘルスケアの支援をする

メンタルヘルスケアに大切なことは、管理者がこの4つのケアの内容と役割をしっかり理解することです。
ここを理解せずに日々の業務を進めてしまうと、介護職員のストレスが増大し、結果的に退職や出社拒否を招いてしまい、介護の現場にさらなる問題が生じてしまいます。

介護職員を評価するキャリア段位制とは?

介護の現場において何より宝となるのは、第一線で働く「介護職員」です。
彼らの存在なくしては介護現場は機能せず、いつになっても問題が消えない職場となってしまいます。

管理者としてメンタルヘルスケアをしっかり励行し、問題の発生予防、早期発見を行うことが介護現場に求められています。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top