特長

保育園で働く、保育園看護師とは

保育園で働く、保育園看護師とは
保育園に通う園児の健康管理のため、保育園で働く看護師が増えています。
1990年に一般社団法人全国保育園保健師看護師連絡会が発足以来、2010年度には23000ヶ所の認可保育園のうち、看護師が勤務する施設は3割まで増加しました。

従来は、人件費不足や慢性的な人員不足の問題がありましたが、このような問題を解決すべく様々な対策が国によって打たれています。
この内、厚生労働省は「2013年までに全ての私立認可保育園で1施設あたり1人以上の看護師を雇うことを義務とする」と定めました。

現在、多くの保育園から看護師の求人が出ています。
では、保育園看護師とはどういったお仕事なのでしょうか。

園内の健康管理責任者

園内の健康管理責任者
保育園看護師の仕事は、一般的な看護業務に留まらず、多岐に渡ります。
保育園での看護師の仕事には、以下のようなものがあります。

●園児(0歳児など)の検温・視診などの健康管理
●怪我、病気になった際の応急処置、病院搬送の判断
●受診が必要になった園児への付き添い
●健康診断、歯科検診のサポート
●病後児保育の対応
●園児のメンタルケア
●保護者への衛生指導や疾病予防指導

このような基本的な業務がありますが、実際には保育園にいる子供たちの健康を守るための行動や業務は、保育園看護師の仕事と考えて良いでしょう。

病院で行うような採血や点滴、手術介助といった医療行為を行わない代わりに、園児1人1人に密着した看護が可能な点が保育園看護師の醍醐味といえます。
病棟看護師ではなかなかできない、医療に関する指導ができるのも大きな違いです。

特に、保育園では感染病が流行ることが多いので、病気が流行する前に正しい予防・対処法を保護者の方々や保育士に正しく学んでもらうように促すのも大事な仕事です。

施設によっては、ほけんだよりのようなプリントを保育士と一緒に作成することもあります。

保育園看護師の魅力

保育園看護師の魅力
看護師としての大きな魅力は2つ。
1つ目は施設で唯一の医療従事者になること。
そしてもう1つは、保育園に通う親子と密なコミュニケーションをとりながら子供の成長を手助けするということ。

看護師は基本的に、1施設につき1人の配置の配置になります。
「怪我をしてしまった」「園内で子供が熱を出してしまった」といった場合、保育園看護師の存在は園児・保護者・保育士にとっての「頼みの綱」となるのです。
全て自分の裁量で、医療の立場から対処することになります。

保育園は基本的に、子供たちのお世話をするところ。
日々の看護業務に加えて、保育士と一緒に子供たちの相手をするなど、保育士業務を兼務する場面も少なくありません。
子供の成長を間近で見守ることが出来るという魅力から、一度就職すると長く勤める看護師さんも多いようです。

保育園で働くために、看護師免許以外の特別な資格は必要ありません。
病棟経験や小児科での経験も「あるには越したことはない、けれど未経験でもかまわない」という施設が増えてきています。
保育園で働く上で大事な点は2つ。1つは「咄嗟の判断力があるかどうか」もう1つは「子供が大好きかどうか」
この2つを備えているかどうかです。

最後に、保育園看護師の勤務期間は基本的に1年単位です。
弊社では、保育園看護師の求人も扱っております。興味がありましたら、まずは一度ご相談ください。

http://www.mcw-job.com/




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top