特長

看護師としてキャリアアップするための資格

看護師としてキャリアアップするための資格
看護師としてのスキルアップを目指すうえで、どのようなキャリアプランを描いているでしょうか。
管理職を目指すとか専門知識を身につけてスペシャリストを目指すとか様々なキャリアがあると思います。

高度化する医療現場において、看護師も高度な知識を求められており、それを証明する資格をもっていれば様々な職場で重宝されることでしょう
今回は看護師のキャリアアップに役立つ資格をいくつか紹介します。

■認定看護師

認定看護師
認定看護師は、キャリアアップを目指す看護師の多くが取得する代表的な資格です

特定分野の専門知識をもつ看護師で、救急看護や皮膚・排泄ケアなど21の特定分野のうちの一つの分野に特化したスペシャリストです。
資格取得には実務経験は5年以上、そのうち希望する分野で3年以上の実務経験が必要になります。

教育機関で6ヶ月の教育課程を受ける必要があり、入学試験やレベルの高い講義や演習など簡単に卒業することはできません。
認定審査に合格後、正式に認定看護師として認められ、専攻した特定分野において高い知識と技術を駆使して実践に活かしたり、指導やコンサル業務に従事します。

■専門看護師

専門看護師とは特定分野について知識を深め、複雑で解決困難な看護問題をもつ人に対して水準の高い看護ケアを提供する看護師です。
資格取得には実務経験は5年以上、そのうち希望する分野で3年以上の実務経験、さらにその中の1年は大学院での教育課程後での実務経験が必要となります。

認定試験後に専門看護師として認められますが、大学院での教育課程は2年間なので取得までに非常に時間がかかる資格です。
また、医療現場では常に倫理的な問題が発生しますが、その倫理調整をする業務を担っていることもこの資格の特徴といえるでしょう。

■認定看護管理者

認定看護管理者
認定看護管理者とは、管理者として優れた資質をもち、組織を発展させることができる能力を有すると認められた看護師です。
資格取得には、実務経験は5年以上の他、認定看護管理者教育サードレベル修了や看護師長以上の管理職経験3年以上の看護管理修士号(もしくは管理関連の修士号)取得していることなど、 管理者としての教育を受けていることや実務経験が求められます。

認定後は、看護職の育成計画や病院の環境作りなどのマネジメント業務に従事します。
看護師としてのキャリアを極めたい方は目指すといいでしょう。

以上のことから、看護師のキャリアアップは高い知識とスキルだけでなく、相応の学歴や就業経験が必要となってきます。
苦労が多い道ではありますが、その試練を乗り越えた先には大きなキャリアアップが待っていることでしょう。

また、この他にも救急救命士や認定心理士など看護資格を有していることで挑戦できる資格がたくさんあるので、自分が進みたいキャリアにあった資格を取得することをオススメします
資格をとることだけがキャリアアップではありませんが、培った知識はきっと役に立つと思うので、ぜひ挑戦してみてください。

また、資格を取得をしたら、その知識を存分に活かせる職場を探しましょう。
もし、見つからないようでしたらMCWまでご相談ください。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top