特長

今後、需要増加が予想される介護タクシーとは

今後、需要増加が予想される介護タクシーとは
介護タクシーとは、介護が必要な人を病院や介護施設へ運ぶ乗り物の事です。
車椅子が必要な人、寝たきりの人など用に作られており、これらの人たちが快適に移動できるよう工夫されています。

普通のタクシーとは大きく異なる点があり、介護のための専門自動車と言えます。

介護タクシーの特徴①運転手

介護タクシーの特徴①運転手
まず挙げられる違いは、運転手がホームヘルパー2級以上に限定されていることです。
介護者を運ぶためのタクシーですが、運転手の業務は運転だけではありません。

介護者の家に着いたら、まずは乗車までをサポートします。
体に痛みや不調のある人たちをしっかり支え、安全に車まで運ぶのです。
有資格者によるサポートのため安心ですし、家族の負担も減らすことができます。

そして、目的地へ到着したら介助しながら建物内へ連れて行きます。
車椅子が必要なら車椅子の手配と介助を、寝たきりならストレッチャーの手配を行っています。

介護施設の場合はここまでで一旦終了ですが、病院への移送の場合はそのまま帰りも同じ手順で介助します。
有資格者が乗り降りと付添のサポートをしているため、介護者の負担を軽減できるのです

介護タクシーの特徴②運賃

介護タクシーの特徴②運賃
次に、利用料金の安さが上げられます。
通常のタクシーは走行距離を示すメーターでの請求ですが、介護タクシーではメーター全額請求はありません
もちろん自己負担額はありますが、一般的には割り引かれた金額になります。

介護タクシーには2種類あり、距離によって料金が発生するタイプと移送時間で料金が決まるタイプがあります。
ほとんどが距離制で行っており、走行距離で請求金額が決定します。

また、自宅や到着後の介助が20分以内であればほとんど介助料もかかりません。
これらを含めても通常のタクシーよりはるかに安い金額で利用できるのです。
利用者の負担を金銭面でも助けてくれるのが、介護タクシーの特徴です。

介護タクシーのニーズは増加の見込み

介護タクシーのニーズは増加の見込み
介護タクシーが普及しはじめるまでは、乗車の介助や乗ってからのサポートまでを家族が行っていました。
通常のタクシーに付き添って乗ることができればいいのですが、車椅子やストレッチャーは対応していません。
そのため、自家用車を介護者用に改良して乗せている人が多かったのです。
家族1人での乗車サポートは非常に難しく、また介護者にとっても負担になるものでした。

しかし介護タクシーの登場で、介護はより楽に、便利になっています。
介護者本人と家族をサポートするため、介護タクシーのニーズは今後も増えると予想されます。

ホームヘルパー2級以上の資格を持っている方は、新たな働き方として介護タクシーを検討されてみてはいかがでしょうか。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top