特長

新しい介護の形としての、サービス付き高齢者向け住宅

新しい介護の形としての、サービス付き高齢者向け住宅
2011年より、新たな制度として始まった「サービス付き高齢者向け住宅」。
従来の介護の枠組みを超えて、柔軟な形での介護をしていくために、国土交通省と厚生労働省が手を組んで始めた新制度です。

しかしまだ始まってから数年しか経過していないため、その概要についてキチンと把握しているという人も多くはないのではないでしょうか。
ここではそんなサービス付き高齢者向け住宅についての概要を紹介していきます。

住宅と医療機関が一体となった介護施設

住宅と医療機関が一体となった介護施設
サービス付き高齢者向け住宅の大きな特徴を一言で言ってしまうと、住宅と医療機関の密接な融合、という点があげられるでしょう。

住宅制度として新しく登録されたこの施設は、前提として要介護者の方々が地域に根ざして住む「住宅」です。
一方で、ケアの専門家による安否確認と生活相談サービスを提供することが義務化された住宅という、医療施設としての機能を強く含んでいます。

住宅にいながら医療機関にも居られるという環境を作ることで、高齢者の保護を手厚くしていくことを目的とした施設と言えるでしょう。

施設介護と訪問介護の穴を埋める施設

施設介護と訪問介護の穴を埋める施設
従来の介護には、有料老人ホームなどで要介護者の面倒を見る「施設介護」と、直接住宅などにおもむき面倒を見る「訪問介護」の二種類がありました。

しかし、施設介護には、要介護者が自分の家にいられず介護施設で暮らさざるを得ないという欠点、訪問介護には決められた時間以外では面倒を見てもらえないという欠点がそれぞれ存在しました。

しかしこの新しい制度は、どんな時間でも要介護者の面倒を見られる職員を配置しておくことになっています。
施設介護と訪問介護のいいとこ取りを目指した施設、とも言えるでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅での仕事の注意点

サービス付き高齢者向け住宅での仕事の注意点
この新しい施設での就職を見当したい方々が注意しておくべき点として、この施設での仕事が一人二役であるという点が挙げられます。
前に述べたように、この施設は住宅という面と医療機関という面を併せ持っていますので、必然的に異なる領分の仕事が一つの場で同時発生していきます。

この施設で働く場合、自分が今、サービス付き高齢者向け住宅の職員として関わっているのか、訪問介護職員として関わっているのかは明確に意識しておく必要があります。
それぞれの立場でやっていい仕事、いけない仕事などが厳格に定められているため、自分の領域を超えた仕事は問題となってしまう可能性があるからです。

サービス付き高齢者向け住宅についてのざっくりとした説明はここで終わりになりますが、いかがだったでしょうか?
まだ始まって日が浅い制度のため混乱してしまう場合も多いでしょうが、この新しい制度は今までの介護の問題を払拭するために作られた制度のため、 そこで働く介護職員の方々にとっても納得のいく制度になっていると思います。

ご興味のある方は、是非詳しく調べてみることをお勧めいたします。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top