特長

【新たな指標】介護プロフェッショナルの「キャリア段位制度」とは

【新たな指標】介護プロフェッショナルの「キャリア段位制度」とは
「肩書き」ではなくて「キャリア」や「能力」が評価される社会の実現を目指しして国が推進するプロジェクト「実践キャリア・アップ戦略」。

その一環として2012年度から始まったのが、介護プロフェッショナルの「キャリア段位制度」
です。

これまで、「何をもって介護のプロとするか」という基準は明確でなく、企業や事務所によって評価の基準が異なっていました。
そこで、共通のものさしを設けて評価しようというのがこの制度の趣旨だと言えます。

「ヘルパー2級」などの資格とどう違う?

「ヘルパー2級」などの資格とどう違う?
介護の資格としては、旧ホームヘルパー2級研修やその後継となる介護職員初任者研修、国家資格である介護福祉士などを思い浮かべる方が多いかと思います。

キャリア段位制度は、これらの資格に替わる位置づけのものではありません。
資格により認められている知識を、実際の介護の現場でいかに実践できるかを示す基準が「段位」であると言えます。

これまでの介護業界には、知識を評価する資格はあっても、実践における評価基準はありませんでした。

知識とあわせて、資格取得後の実務経験で得た得た実践的スキルの面も一定の基準で評価し、介護能力のレベルを証明するのがキャリア段位制度なのです。

技術力や指導力に応じた7段階のレベルで評価

技術力や指導力に応じた7段階のレベルで評価
キャリア段位制度では、介護技術や指導力に応じて、7段階のレベルが設定されています。
ただし、当面の評価として認定されるのはレベル4までとなっていて、2020年度までに13万人の認定を見込んでいます。

介護職員初任者研修やヘルパー2級研修を終了した段階がレベル1となり、「一定の指示のもとに、ある程度の仕事ができる段階」がレベル2、「指示等がなくとも、 一人前の仕事ができる段階」がレベル3、「一人前の仕事ができることに加え、チーム内でリーダーシップを発揮することができる段階」がレベル4の基準となっており、レベル4以上からがプロレベル と認められます。

段位はどうやって評価される?

段位はどうやって評価される?
段位の評価は、「実践的スキル(できる)」「知識(わかる)」の両面から行われます。

実践的スキルの評価は、各事業所や施設の職員の中から選出した「アセッサー」と呼ばれる評価者が、同じ職場の職員の日頃の仕事の様子や業務記録などを見て内部評価を行います。
これに加えて、シルバーサービス振興会による第三者機関が、適切に内部評価が行われているかを評価する外部評価も行われます。

知識の評価については、既存の資格との関係を複雑にしない観点から、取得している資格によってランク付けされます。

キャリア段位制度は、これまで現場の中で経験的に行われてきた評価に一定の基準を設けるものです。
介護の現場で働く人にとって、次に自分が目指すべきキャリアの段階を示してくれる新たな指標であると言えるでしょう。




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top