特長

【ずっと介護職を続けるなら】 介護業界でキャリアアップ

【ずっと介護職を続けるなら】 介護業界でキャリアアップ
高齢化社会が進むにあたって、介護職の重要性は増していくでしょう。

介護の仕事と言えば、夜勤があったり、肉体労働も多いといったイメージを持っている方も多いかもしれませんが、今後は一生の仕事としての介護職プロフェッショナルとしての介護職といったことも考えていかなくてはなりません。

そんな介護の仕事でのキャリアアップについてご紹介していきます。

(1) 訪問介護事業のサービス提供責任者

介護職の方は介護福祉士の資格を取ることが一般的な流れかと思います。
訪問介護を行っているのであれば、まずはサービス提供責任者を目指すのが良いでしょう。

サービス提供責任者は、介護保険制度で定められている職種で、ホームヘルパーの教育や管理などを行う責任者です。

(2) ケアマネージャー

ケアマネージャー
ケアマネージャーは要介護者のケアプランを作成できる資格です。
介護福祉士の次のステップとしてケアマネージャーを目指す方も多いのではないでしょうか。

在宅介護の場合でも介護施設の場合でもケアプランを作成するのはケアマネージャーですが、仕事が多く責任も重い在宅のほうが、給与水準が高い傾向にあるようです。

(3) 訪問介護事業の事業所長

訪問介護でのキャリアアップとして、ケアマネージャーの他に訪問介護事業の事業所長になるという道があります。
しっかりした事業者であれば、社内での教育もしっかりしていて、事業展開に合わせて育てた人材を事業所長に、 という一般企業や小売業のようなキャリアアップをすることが可能です。

(4) 介護施設の介護長、施設長

事務所長と同様に介護施設の施設長を目指すという道もあります。
ただし、介護施設に関しては物理的な制限がありますので、施設数が変わらなければ施設長になれない状態が続く、という可能性も考慮しなければなりません。

その代わり「優秀な施設長」という評価をされれば将来は安泰だと言えるでしょう

(5) 看護師

看護師
最近、介護職の間で看護師の資格取得が流行しています。
働きながら看護師の資格を取得することは大変ですが、介護・看護両方の知識・資格を持つ人材は現場でとても重宝されるようです。

また、看護師の資格を取ることで、介護職では出来ない業務も行えるようになるため、ストレス軽減やりがいのアップなどの効果も期待できます。

(6) 作業療法士、理学療法士

作業療法士、理学療法士
看護師よりもさらに上を目指すのであれば、作業療法士や理学療法士の資格がお勧めです。
これらは高齢者や障害者の心身の機能回復を図る仕事ですので、出来る業務も増え、やりがいも更におおきなものとなります。

また、有資格者数が不足しているため、就職の面においても有利な資格と言えるでしょう。

しかし、忙しい実務の合間を縫って、キャリアアップのために資格の勉強を続けるのは肉体的・精神的にも辛いのも否めません。
ですから、派遣介護士として働き、勉強時間を確保することをオススメします。
正社員に比べて給料は少し下がりますが、バイトやパートなどと比べたら圧倒的に高給です。
残業も少なく、定時で帰宅後に資格の勉強をするなど、時間に余裕が生まれるため、キャリアアップを考える介護士の多くが派遣介護士として働き始めています。

弊社では介護士の派遣求人を数多く取り扱っています。
きっと要望に合った職場をご紹介できると思うので、興味がある方はぜひご連絡ください。



看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top