特長

ブランクのある「潜在看護師」が再就職するためには

ブランクのある「潜在看護師」が再就職するためには
女性の多い職種である看護師は、結婚や出産などによって退職する方が多いのですが、
「せっかく苦労して手に入れた資格をもっと活用したい!」 と再就職を考える方が多いです。

ただ、家事や育児で職場から離れていたので、ブランクから再就職をためらう人もまた多いのが看護業界です。
看護師は専門的な知識・技術を必要としますし、新しい技術が導入されている可能性が
あります。

そのため、「ブランクがあると思うように働けないのではないか」と考えがちですが、ブランクがあっても看護師を必要としている場所はたくさんあります。

今回はブランクのある看護師が再就職するための方法を紹介いたします。
職場復帰を果たして、公私ともに充実した日々を手に入れましょう!

看護師の人材不足

看護師の人材不足
医療の現場は人手が足りていない状態で、看護師の不足も深刻です。

新しい看護師を育成しても結婚などで退職してしまうのが大きな原因です。
一度離職してしまった方は「潜在看護師」と呼ばれ、看護師としての資格・能力を持ち合わせている人のことを指します。

潜在看護師は日本に50万人以上いると言われていますので、人材不足の解消にはブランクのある看護師が復職する事が最も重要とされています。

つまり、ブランクのある看護師も医療現場では必要とされているのです。

復職支援制度

介護業界の労働時間
しかし、たとえ需要があっても、そう簡単に再就職に踏み切れない方が多いように思われます。
前述の通り、長期で仕事をしていなかったことから技術面での不安を感じる方が多いです。

そのような方のために再就職をサポートする復職支援制度があるので、活用をオススメします。
講義や演習、実習などからプログラムが構成されていて、カンを取り戻すためには最適です。

病院でも多く取り入れられていて、医師・ベテラン看護師などから研修を受けることが
出来ます。

この制度によってブランク明けの方でも安心して再就職を目指せるようになりました。
この復職支援制度に参加することが、看護師として再スタートする第一歩です。

再就職への熱意

派遣社員としての働き方
ブランクのある方は、長い空白期間から再就職を躊躇してしまう傾向にあります。
ですが、ブランクがあっても潜在看護師が職場に戻ってくることを現場のスタッフと患者が待ち望んでいます。

そのための制度が整っている職場が多いのも事実です。
潜在看護師をサポートする仕組みが出来上がりつつありますので、再就職に必要なのは「看護師に再就職したい という気持ちだけです。

それでも不安だ、と感じる方は看護師の派遣から再スタートしてはいかがでしょうか。
時間の都合もつけやすく、家族との時間を大切にしたい方でも安心して働けます。

仕事とプライベートを両立しやすいのが看護師派遣の魅力です。

ブランク明けの看護師にオススメな働き方なので、看護師の派遣に興味がある方は、ぜひMCWにご相談ください。



看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top