看護師・介護士コラム

高齢化によって需要が高まり続ける介護士の安定性

高齢化によって需要が高まり続ける介護士の安定性
不況によって雇用が不安定になっている日本において、介護士という職業は他の職種に比べて
安定している
と言えます。

不安定なイメージを持つ人もおり、誤解されがちな職業ですが、本当はとても魅力的な
職業です。
この不安定な社会で就職ができないと嘆いている方は介護士の魅力を知って、介護士を目指してみてはいかがでしょうか。

介護士が安定する理由

介護士が安定する理由
介護士が安定する理由として現在の日本の社会が要因として挙げられます。

日本では高齢化が進み続けています。
高齢化に伴って様々な問題が生じ、その中に介護問題は存在します。
介護士が不足しているのです。
介護系学校への入学者の減少などが原因です。
厚生労働省は2014年140~160万人の介護職が必要だという発表をしましたが、現在は介護士が圧倒的に不足しています

人材不足により激務が要求され、離職率が高まってしまうので不安定なイメージがついてしまい、更なる人材不足を招く悪循環を続けています。
逆に言えば、不況で終身雇用も崩壊しつつある中で、介護士は常に安定した需要がある職業とも言えます。

高齢化が進む社会で、今後さらに需要は増加していくでしょう。
これほど明確に必要とされている職業はそうそうありません。

介護福祉士という資格

介護福祉士という資格
介護の世界で働くには資格を取得しなければなりません。

そのためには福祉系の大学や短大、専門学校を出る必要があります。
しかし、福祉関連の学校の多くが定員割れをしているのが現状です。
一方で高齢化が進む社会においてビジネスとして需要があると考えられ、介護業界に参入する
企業が増加しました。

これにより競争は激化し、経営ノウハウのない事業者や老人ホームは淘汰されていくでしょう。 こういった逼迫した状況下で働く事も離職率を高める要因になってしまうものですが、介護福祉士という資格を持っていれば転職も比較的容易に行えます。

介護福祉士という資格
これからも介護士という仕事の需要は高まっていくでしょう。
就職難である日本において介護士として働く人数も増えていくでしょう。

そうなると介護士の競争も他の職業と同様に増えていき、価値が低下することが考えられます。
現在のように転職が考えやすく安定しているという状況から離れてしまう可能性もあります。
介護士の人数が不足して安定した需要がある今、ぜひ介護士という選択肢を考えてみて
ください。







看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top