特長

何月がベスト? 看護師の転職の適期とは

何月がベスト? 看護師の転職の適期とは
看護師をしていて「もっと自分に合った病院があるのではないか?」と転職を考えたことのある方もいると思います。
転職したいと思ってもすぐできるわけでもないのが看護師という職業ですよね。

介護福祉士と保育士の資格が統合されたらどうなる?

介護福祉士と保育士の資格が統合されたらどうなる?
高齢化によって増える介護ニーズに対し人材は慢性的な不足状態です。

この状況が続けば、今後ますます満足行くサービス提供が困難になっていくことが見込まれます。

看護師にとって「人間関係の良い病院」の条件とは?

看護師にとって「人間関係の良い病院」の条件とは?
看護師の職場である「病院」は、すべてにおいて人を相手にする職場です。
だからこそ人間関係がとても重要であり、これが働きやすさを大きく左右します。

看護師にとっての「人間関係が良い職場」とは、ただ仲が良い職場という意味ではありません。

介護士の常識! 介護施設の種類とその内容とは?

介護士の常識! 介護施設の種類とその内容とは?
高齢化社会の現代、数え切れない程の介護施設が存在します。
介護施設にも種類があるのをご存知でしょうか?

今回は介護施設の種類による違い、それぞれの施設が介護士に求めるスキルなどについてご紹介します。

看護師の理想の就労環境 ハワイのクイーンズメディカルセンター

看護師の理想の就労環境 ハワイのクイーンズメディカルセンター
看護師の仕事と聞くと、とても厳しく辛い職場を想像する方が多いのではないでしょうか。
しかし、ハワイ州にあるクイーンズメディカルセンターは看護師の理想の職場として注目を浴びています。

どういった点で理想とされているのでしょうか? その背景についてご紹介します。

味にも見た目にも満足! 進化する「介護食」

味にも見た目にも満足! 進化する「介護食」
介護食がどんどん進化しているって知ってましたか?

高齢化社会が進む中、急成長を遂げているのが「介護食品」の分野です。
高齢者は噛む力や飲み込む力が低下し、なかなかおいしい食事を楽しめません。

看護師のエキスパート「認定看護師」とは?

看護師のエキスパート「認定看護師」とは?
現代社会を支えている医療現場で「認定看護師」が近年脚光を浴びています。

では看護のエキスパートである認定看護師になるには一体どうしたらよいのでしょうか?
今回は認定看護師についてその詳細と道のりをご紹介します。

急速な普及拡大が見込まれる「介護ロボ」

急速な普及拡大が見込まれる「介護ロボ」
高齢化社会が進む中、急ピッチで開発が進んでいるのが「介護ロボ」です。

近年、介護ロボ産業は飛躍的な成長を遂げています。
その実情とはどんなものでしょうか?
今回は、各企業が力を入れている介護ロボについてご紹介します。

これが転職のきっかけ? 看護師のお悩みランキング

これが転職のきっかけ? 看護師のお悩みランキング
どんな仕事にも悩みは付きものですが、現役の看護師さん達はどのような悩みを抱えているのでしょうか。

そこで今回は「2013年度看護職員労働実態調査」のデータを参考に作成した、看護師が仕事に対して持っているお悩みランキングのベスト5を紹介させて頂きたいと思います。

応募する前に要注意! ブラック病院の見分け方

応募する前に要注意! ブラック病院の見分け方
ブラック企業という言葉が数年前から使われ出して現在では幅広く認知されていますが、悲しいことにブラック企業は病院にも存在しています

今回はそういったブラック病院で働くようなことになってしまわないように、ブラック病院を見分けるためのポイントについてお教えしたいと思います。

差がある? どっちがいい? 看護師と介護士の違いとは

差がある? どっちがいい? 看護師と介護士の違いとは
介護施設で働く看護師と介護士、どちらも現在の高齢化社会にはとても大切な職業です。
しかし、近年は介護士から看護師に転職をする人が増えています。

看護師と介護士にはどんな差があるのでしょうか?

認知症患者の心に寄り添う「バリデーション・セラピー」とは

認知症患者の心に寄り添う「バリデーション・セラピー」とは
介護現場の人々や家族達は認知症への対応の難しさを痛感しています。
何も覚えていないのか? なぜこんな行動をするのか?
認知症患者の症状を目の当たりにすると戸惑うばかりです。

たそがれ症候群って何? 知っておきたい症状と対処法

たそがれ症候群って何? 知っておきたい症状と対処法
認知症のひとつの症状として、夕方に決まって落ち着きがなくなったり、急に症状が著しく現れたりする「たそがれ症候群」(別名「夕暮れ症候群」)という症状があります。
たそがれ症候群は介護士を目指す上で知っておくべき症状なので、その内容や対処方法について覚えておきましょう。

国が行った介護報酬と介護福祉士受験資格の改定について

国が行った介護報酬と介護福祉士受験資格の改定について
介護報酬の改定では「減算」というワードに目がいきがちですが、もちろんそれだけではありません。

「事業所が介護福祉士を一定以上雇う」「職員に研修の機会を提供する」「職員が資格取得に向けて計画をたてる」などの一定の条件を満たせば加算となる仕組みがあります。

難しさとやりがいがあるショートステイで経験を活かす

難しさとやりがいがあるショートステイで経験を活かす
介護の仕事に就いていると色々な面でやりがいを感じることと思います。
そんな介護の仕事の中でも難しいと言われる「ショートステイ」はとてもやりがいのある業務です。

このショートステイを通してこれまでの経験を活かし、同時に介護職の経験値を高めることができます

介護施設でも注目される保健師の仕事について

介護施設でも注目される保健師の仕事について
保健師は、人々の病気予防に重点を置いた健康管理に関する専門職です。
実際保健師はどのような分野でどのような仕事をしているのでしょうか。

そこで今回は保健師の仕事の内容や魅力、やりがいについて紹介します。

介護職員に認められる医療行為とは。2012年法改正の概要

介護職員に認められる医療行為とは。2012年法改正の概要
介護職を行ううえで、どうしても直面するのが介護と医療行為の狭間の問題です。

どこからが介護でどこからが医療行為なのか、介護職がどこまで医療行為をすることが認められているのかということが大きな問題となっていました。

介護職員のストレスマネジメントには心身のケアが大切

介護職員のストレスマネジメントには心身のケアが大切
近年の高齢化により、介護の現場にはさまざまな問題が生じています。
人手不足、過重労働、人間関係・・・。
介護をする側の人も1人の人間ですので、仕事とは分かっていても大きなストレスを感じ疲弊してしまいます。

介護職員を評価するキャリア段位制とは?

介護職員を評価するキャリア段位制とは?
介護という職業はとても過酷であり心身に大きなストレスがかかります。
それにも関わらず努力や成果が形になって見えないため、正当な評価が受けられないという問題があります。
そこで新しく導入されたのが介護職員の「キャリア段位制度」です。

こんな時どうする?介護現場でのクレーム対処方法

こんな時どうする?介護現場でのクレーム対処方法
近年の高齢化により、介護現場が求めている人材も介護現場で活躍したい人も増加傾向に
あります。
しかし介護現場で働こうと思った時、気になるのは「クレーム」です。
お年寄りを相手にした現場では何に気をつけ、何を心得ておけばいいのでしょうか。

介護報酬の改定による介護士の待遇への影響

介護報酬の改定による介護士の待遇への影響
介護報酬は事業者向けに国が定めている公定価格で、原則3年に一度物価変動や政策の必要性を考慮に入れて見直しを行っています。
2015年は改定年にあたり、4月に実施されました。

今回の改定で介護の現場にどのような影響がでるのでしょうか。

命の最前線で働く救命看護師のやりがい

命の最前線で働く救命看護師のやりがい
ドラマや漫画などでよく取り上げられる救急救命の現場。

医師の活躍に焦点があたることが多いですが、その医師をサポートしているのが救命看護師です。
救命の現場は大変厳しいと言われていますが、その仕事の内容とはいったいどんなものなのでしょうか。

活躍の場は病院だけじゃない!企業で活躍する産業看護師とは

活躍の場は病院だけじゃない!企業で活躍する産業看護師とは
看護師は病院やクリニックで勤務しているイメージがありますが、一般企業に勤務している看護士がいることはご存知でしょうか。
このような看護師は、産業看護師とよばれています。
企業に所属し、従業員の健康管理業務に従事するのが主な業務です。

ブランクがあるけど看護師に復職する場合の注意点は?

ブランクがあるけど看護師に復職する場合の注意点は?
看護師の仕事をずっと続けてきた人も、結婚や妊娠・出産、育児など様々な家庭や個人の理由で離職を余儀なくされることもあります。
しかし看護師の仕事をもう一度やりたい、子育ても落ち着いたので復職したい、そう考えている人も多いのではないでしょうか。
復職を考えた時に不安要素となるのが『ブランク』です。

准看護師から正看護師へキャリアアップするためには?

准看護師から正看護師へキャリアアップするためには?
准看護師が正看護師を目指す現実の裏には何があるのでしょうか。
そして実際に准看護師から正看護師になるにはどのような方法を取ればいいのでしょう。

今回は、准看護師から正看護師を目指す人々のキャリアアップについて説明します。

訪問入浴の現場で看護師が必要な知識とスキルとは?

訪問入浴の現場で看護師が必要な知識とスキルとは?
病院以外にも、様々な働き方がある看護師。その中でも今特に伸びている分野が「介護」です。

介護の現場の中でも、「夜勤とかはしたくないし…」という看護師さんにぴったりの現場があります。
それは、「訪問入浴」です。

保育園で働く、保育園看護師とは

保育園で働く、保育園看護師とは
保育園に通う園児の健康管理のため、保育園で働く看護師が増えています。
1990年に一般社団法人全国保育園保健師看護師連絡会が発足以来、2010年度には23000ヶ所の認可保育園のうち、看護師が勤務する施設は3割まで増加しました。

看護師としてキャリアアップするための資格

看護師としてキャリアアップするための資格
看護師としてのスキルアップを目指すうえで、どのようなキャリアプランを描いているでしょうか。

管理職を目指すとか専門知識を身につけてスペシャリストを目指すとか様々なキャリアがあると思います。

介護者にとってもメリットが大きい通所リハビリ

介護者にとってもメリットが大きい通所リハビリ
24時間365日体制で行う介護は、同居家族にとって負担が大きいものです。

介護する人も一人の人間であり、自分のための時間がないとどうしてもストレスが溜まってしまいます。

介護保険制度を切り盛りするケアマネージャのお仕事

介護保険制度を切り盛りするケアマネージャのお仕事
介護支援専門員という資格をご存知でしょうか。
ケアマネジャーといえば、すぐ頭に浮かぶ方も多いでしょう。

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険制度独自の資格です。

「名前を呼んでもらえた!」看護師がやりがいを感じる時

「名前を呼んでもらえた!」看護師がやりがいを感じる時
やりがいは仕事を続けていくうえで欠かせないのはモチベーションであり、やりがいを感じられれば活き活きと働いていられるし、逆にやりがいが感じられないと職場に通うことも辛く感じてしまいます。

これは、どの職種にも共通していることであり、看護師も例外ではありません。

さらに主体的に! 変わりゆく看護師の在り方

さらに主体的に! 変わりゆく看護師の在り方
近年、医療の専門化が進み、それに合わせて看護師に求められるものと在り方が大きく変わってきています。

これからも需要のある看護師であるためには講習を受け、常に高みを目指さなければなりません。


今後、需要増加が予想される介護タクシーとは

今後、需要増加が予想される介護タクシーとは
介護タクシーとは、介護が必要な人を病院や介護施設へ運ぶ乗り物の事です。
車椅子が必要な人、寝たきりの人など用に作られており、これらの人たちが快適に移動できるよう工夫されています。

普通のタクシーとは大きく異なる点があり、介護のための専門自動車と言えます。

新しい介護の形としての、サービス付き高齢者向け住宅

新しい介護の形としての、サービス付き高齢者向け住宅
2011年より、新たな制度として始まった「サービス付き高齢者向け住宅」。

従来の介護の枠組みを超えて、柔軟な形での介護をしていくために、国土交通省と厚生労働省が手を組んで始めた新制度です。

【新たな指標】介護プロフェッショナルの「キャリア段位制度」とは

【新たな指標】介護プロフェッショナルの「キャリア段位制度」とは
「肩書き」ではなくて「キャリア」や「能力」が評価される社会の実現を目指しして国が推進するプロジェクト「実践キャリア・アップ戦略」。
その一環として2012年度から始まったのが、介護プロフェッショナルの「キャリア段位制度」です。

これまで、「何をもって介護のプロとするか」という基準は明確でなく、企業や事務所によって評価の基準が異なっていました。

【介護士の職場】「有料老人ホーム」での働き方

【介護士の職場】「有料老人ホーム」での働き方
介護施設には種類があり、それぞれ業務内容が異なります。 介護士の業務内容は勤務先の選定に関わってくるので事前に注目しておきたいポイントだと言えるでしょう。
今回は特養ホームや老健施設などと同様に、介護士の勤務先として人気が高い「有料老人ホーム」の特徴と仕事内容をご紹介します。

【ずっと介護職を続けるなら】 介護業界でキャリアアップ

【ずっと介護職を続けるなら】 介護業界でキャリアアップ
高齢化社会が進むにあたって、介護職の重要性は増していくでしょう。
介護の仕事と言えば、夜勤があったり、肉体労働も多いといったイメージを持っている方も多いかもしれませんが、今後は一生の仕事としての介護職プロフェッショナルとしての介護職といったことも考えていかなくてはなりません。


【介護士が働きやすい職場づくり】 看護師との連携がカギ

【介護士が働きやすい職場づくり】 看護師との連携がカギ
介護は医療施設のように根治を目的とするものは少なく、自宅介護が困難な方を介護し、最期の日までを快適に生活することを援助する特養施設もあります。

「終の棲家」となる特養施設で質の高いサービスを施すためには、利用者と最も近い介護士が働きやすい環境を作ることが不可欠です。


消費税の影響で介護報酬が9年ぶりに引き下げ

消費税の影響で介護報酬が9年ぶりに引き下げ
2015年、介護報酬が9年ぶりに引き下げになります。
これは、消費税の10%アップが見送られたことによります。 2013年度の予算は30兆5000億円。

そのうちの3割を超えるのが社会保障費です。
安倍首相は「社会保障の自然増もふくめ、聖域なく見直しをおこなう」と主張しています。

訪問介護という働き方と適性、やりがいについて

訪問介護という働き方と適性、やりがいについて
介護職にはさまざまな働き方がありますが、基本的には施設に務めることになります。

訪問介護は施設へ属さないため、介護職の中でも少し特殊な存在です。
そのため向き不向きがハッキリ出やすい働き方とも言えます。

【介護士の職場】 「介護老人保健施設での働き方

【介護士の職場】 「介護老人保健施設での働き方
介護士の勤務先は豊富で、業務内容は務める施設の業態で大きく変化します。

護老人保健施設(通称:老健施設)は介護士の主な勤務先の1つとなりますが、どのような役割を持つのか知らない方は少なくありません。

【毎日が時差ボケ!?】 看護師は「夜勤」で体調を崩しやすい

【毎日が時差ボケ!?】 看護師は「夜勤」で体調を崩しやすい
看護師はただでさえ肉体的・精神的に疲れが溜まりやすいのに、それに加えて「夜勤」をこなさなければなりません。

そのため、体調を崩しやすく、不本意な退職・転職が余儀なくされることも。


「夜勤がない」で人気上昇! 看護師が働きたがるデイサービス

「夜勤がない」で人気上昇! 看護師が働きたがるデイサービス
一括りにできないほど働き方が多様化している看護師。

今や看護師の勤務先は病院だけはありません。
介護施設で働いている看護師もたくさんいます。

最近では介護施設の中でもデイサービスが働きやすい環境だと看護師の中で人気です。

【責任をやりがいに】 「特養老人ホーム」で働く看護師

【責任をやりがいに】 「特養老人ホーム」で働く看護師
介護保険施設の1つに特別養護老人ホーム(特養老人ホーム)というものがあります。

身体や精神に障害があり、家庭や他の老人ホームでの介護が難しい場合に利用可能となる施設です。

【介護士の職場】 「特養老人ホーム」での働き方

【介護士の職場】 「特養老人ホーム」での働き方
社会人として働く上で職場環境は非常に気になる
ところ。

介護士でも例外ではなく、自分に合った職場で仕事をしたいものです。
介護士にとって勤務先の候補となる特別養護老人ホーム(通称:特養老人ホーム)での職務はどのような内容なのでしょうか。

【結婚できない看護師】 「多忙」が理由で未婚が増える

結婚を機に見つめ直したい「看護師」としての働き方
男性にとって看護師は「白衣の天使」と考えられていて、看護師と言うだけでモテそうなイメージがありますが、意外と看護師は未婚であるケースが多いです。
30代になると生涯未婚になってしまう可能性が大きくなるため、早めに原因を知っておきましょう。

今回は未婚の看護師が多い理由をお教えします。

結婚を機に見つめ直したい「看護師」としての働き方

結婚を機に見つめ直したい「看護師」としての働き方
医療の現場は多忙なもの。
看護師も例外ではありません。

そのため、結婚して家庭を持ったことで看護師としての仕事を諦めざるをえない場合も少なくないでしょう。
そんな中でも仕事を続けていきたいと考える看護師も多くいますが、家庭と仕事を疎かにしないためには結婚以降の働き方は慎重に選択しなければなりません。

意外とメリットが豊富な「夜勤専従」タイプの介護士

意外とメリットが豊富な「夜勤専従」タイプの介護士
介護士と聞くと、どうしても「夜勤が辛い」と思ってしまいがちですよね。
しかし、考え方を変えるだけで働き方の幅は広くなります。

夜勤専従で働くのも、そう厳しいことばかりではありません。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは?

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは?
以前、介護福祉の資格は、ホームヘルパー1級・2級、介護職員基礎研修、介護福祉士など複数のものが混在し、それぞれに連動していなかったり重複していたりする状況でした。

この状況を整理し介護職のスキルアップを簡素化することを目的に、2013年4月から資格の一元化が図られました。

介護職の基本就業条件となる「介護福祉士」

介護職の基本就業条件となる「介護福祉士」
介護職を目指す方、既に携わっている方にとって、ホームヘルパー資格が廃止に向かうという 情報はかなり衝撃的なものだったのではないでしょうか。

完全にホームヘルパー資格が廃止になり、基本資格の一本化が完了して以降は、介護福祉士の 資格を有していないと介護の現場に携われなくなります。

慕われる看護師になるために必須の「質問」テクニック

慕われる看護師になるために必須の「質問」テクニック
介護士は人と接する仕事ですので、コミュニケーション能力も必要とされます。

手軽で活用しやすいコミュニケーション方法の1つに「会話」がありますが、突き詰めると奥が深いもの
です。
その中でも「質問」を上手に活用できる介護士は上級者と言えるでしょう。

【自分に合わせた働き方】 介護士の雇用形態比較

【自分に合わせた働き方】 介護士の雇用形態比較


仕事=正社員であった昔に比べて現在は雇用形態が多様化していて、個々人に合わせた働き方が推奨されています。

介護士も同様で、さまざまな働き方があるので自分がどうしたいかによって正社員・アルバイト・派遣と選択すると良いでしょう。

介護士としての働き方の比較をしてみました。

就職・転職前に覚えておきたい「男性看護師」の現状

就職・転職前に覚えておきたい「男性看護師」の現状

「看護師は女性の仕事」 という考えは時代とともに変わってきていて、男性看護師が増えてきています。
男性看護師として看護業界で従事したい、と就職や転職を考える方もいらっしゃるほどです。

今回はそんな方のために、男性看護師の現状についてまとめてみました。

【未経験者必読!】経験者に聞いた「看護師」あるある

【未経験者必読!】経験者に聞いた「看護師」あるある

世の中には女性看護師に対する固定概念があります。

例えば「白衣の天使」
病院に行くのは体に不調がある時ですから、その不安を和らげてくれる看護師に癒しを感じる方は少なくないでしょう。

【未経験者必読!】介護士に聞いた「介護業界あるある」

【未経験者必読!】介護士に聞いた「介護業界あるある」

介護士未経験で介護士として働こうと考えている人は、仕事の面で大きな不安があるでしょうし、
職場の人間関係にも不安を持っているのでは
ないでしょうか。
未経験の方はその上「介護士の常識」についても覚えていかなければならないので、 経験者よりも心身に
負担がかかりすぎてしまいます。

ブランクのある「潜在看護師」が再就職するためには

ブランクのある「潜在看護師」が再就職するためには


女性の多い職種である看護師は、結婚や出産などによって退職する方が多いのですが、 「せっかく苦労して手に入れた資格をもっと活用したい!」 と再就職を考える方が多いです。

介護士の平均年収は? 厳しい介護業界の実態と新しい働き方

介護士の平均年収は? 厳しい介護業界の実態と新しい働き方
介護士の雇用は高齢化によって安定している状態ですが、「いくらお金を頂けるのか」という部分は譲れないのではないでしょうか。

看護師の医療行為解禁へ! 特定行為の研修制度って?

看護師の医療行為解禁へ! 特定行為の研修制度って?
看護師のみなさんの中には、「特定看護師」という
言葉を耳にしたことのある方も多いのでは ないで
しょうか。
特定の医療行為を行うことができる看護師として、
厚生労働省が数年前から資格化を検討してきたもの
です。

円満な転職に必要なことは? 看護師の転職準備について

円満な転職に必要なことは? 看護師の転職準備について
給与や待遇の向上を求めたり、キャリアアップのためだったり、あるいはプライベートでの環境やライフスタイルの変化に合わせてだったりと、転職を考える理由は人それぞれ。
どんな理由で転職するにしても、しっかりと準備をしてスムーズに転職したいものですよね。

介護業界経験者・未経験者の介護業界への転職

介護業界経験者・未経験者の介護業界への転職
誰しも一度は転職を考えた時があるのではないでしょうか。
しかし、不況のせいか転職活動が思うようにいかないという話も良く聞きます。
介護士という仕事は高齢化の影響もあり、ますます需要が高まっていて、転職にはうってつけなのではないでしょうか。

高齢化によって需要が高まり続ける介護士の安定性

高齢化によって需要が高まり続ける介護士の安定性
不況によって雇用が不安定になっている日本において、介護士という職業は他の職種に比べて安定していると言えます。
不安定なイメージを持つ人もおり、誤解されがちな職業ですが、本当はとても魅力的な職業です。

産休明けの看護師必見!無理せず仕事を続ける方法

産休明けの看護師必見!無理せず仕事を続ける方法
結婚しても仕事を続ける女性が増えている昨今ですが、出産をする場合はどうしても仕事から離れなければなりません。

看護師の方も例外ではありません。

看護師転職の希望者必見!ありがちな失敗例

看護師転職の希望者必見!ありがちな失敗例
看護師という職種は他の職業に比べて転職が多いのが特徴です。

日々の仕事が忙しいことや人間関係での問題や、給与や待遇への不満、スキルアップのためなど様々な理由で看護師転職を視野に入れている人が多いです。

「自分らしく働く」を叶える介護士の職場の選び方

「自分らしく働く」を叶える介護士の職場の選び方
誰しも仕事をし続けるうえで、感じること。
それは、「本当にこのままでいいの?」という疑問ではないでしょうか?けれど、よりよい職場の選び方を知っているわけでもない…。
でも、このままで良いとも思えない。
そんな漠然とした不安を抱き続けていませんか?

やっぱりキツイ? 介護士の労働時間について

やっぱりキツイ? 介護士の労働時間について
公益財団法人介護労働安定センターが公表している調査結果によると、介護士の月間実労働時間は、平均129.1時間。
正社員161.2時間に対し、非正規社員は93.1時間となっています。
職種別に見た場合、訪問介護員は86.8時間、介護職員は148.0時間です。

命と健康の守護神『看護師』に人気の職場とは

命と健康の守護神『看護師』に人気の職場とは
看護師、介護士、医師。医療関係者は命の番人とも呼ばれ、壮絶な仕事ぶりを見せます。
その職場に看護師として立つには、国家資格という難関を突破しなければなりません。

それでも医療施設を職場と志す人が多いのは、『命を守る』誇り高い職業だからです。

看護師が転職を決意した理由とは?

看護師が転職を決意した理由とは?
他の職種に比べて転職経験者の多い事で知られる看護師。
現職の看護師でも今働いている病院をやめて他への転職を考えている人も多く、実際に転職する人は8割以上います。

さらに転職経験者の半数は2回以上転職をしているという報告もあります。
看護師として働いていて転職を考え決意した理由はいったいどんなものなのでしょうか?




看護・介護のお仕事に関するご相談

お問い合わせフォーム

関東の求人一覧
東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬
関西の求人一覧
大阪 兵庫 京都 奈良
看護師、介護士の求人/転職なら、MCW看護/MCW介護の求人ポータルサイトで、看護職、介護職などを簡単にお仕事をお探しする事が出来ます。
看護、介護派遣なら株式会社メディカルケアワークス[メディカルチョイス]
看護師求人、介護士求人(東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/大阪府/兵庫県/京都府)看護派遣/介護派遣/准看護師/介護福祉士/介護職員基礎研修/介護職員初任者研修/ヘルパー2級/ヘルパー1級/理学療法士/作業療法士/栄養士/その他資格者の転職・派遣先のサポートを支援する、求人ポータルサイトです。

Page Top